美容

それでも刺激を感じるなら 市販の肌荒れの薬をつけるか病院へ

肌荒れがひどい時は学校や仕事を休んで良い法律とか作ってほしいワ!

サイズが合わないマスクは摩擦が起こりやすくなります。肌への摩擦はニキビや肌荒れの刺激になってしまうため、できるだけ自分に合うサイズを選んで着用するようにしましょう。

マスクは健康的な肌の大敵である紫外線や外気からも肌を守ってくれます。紫外線や外気は肌の水分を奪うため、バリア機能が低下して肌荒れなどの肌トラブルを引き起こします。特に寒い季節は外気も乾燥しているので肌への負担も大きくなります。化粧水やリップクリームで保湿してからマスクをつけることで、外気や紫外線などの外部刺激を軽減することができるでしょう。

また、冬の肌を突き刺すような冷たい風も健康的な肌を保つためには大敵。マスクは冷たい風から肌を守ってくれるので、防寒対策としても優秀なアイテムです。

ただし、紫外線対策に塗る日焼け止めのなかには、ニキビや肌荒れなどトラブルが起きやすい肌には刺激が強すぎるものも。日焼け止めを選ぶときは、「紫外線吸収剤フリー」、「ノンケミカル」設計で肌になめらかにのびるもの、落とすときも普通の洗顔料や石けんで、刺激なく落とせるものを選ぶのがよいでしょう。

肌荒れがひどい時は学校や仕事を休んで良い法律とか作ってほしいワ!

肌荒れ時期にはマスクがつけられないと思っている人や敏感肌の人は、肌にやさしい素材や肌触りのいい素材を選ぶのがおすすめです。肌への刺激が少ない素材を使ったマスクを探してみましょう。

肌荒れとは?

そのあとは、オイルか乳液を塗るだけのシンプルケアが正解。これと並行して食生活も改善すれば、かなり落ち着くはずです。それでも刺激を感じるなら、市販の肌荒れの薬をつけるか病院へ。

マスクはさまざまなメリットがありますが、マスク選びを間違えるとデメリットもあります。肌荒れやニキビが悪化するのを防ぐためには、マスクの選び方が大切です。

乾燥は肌荒れやニキビを引き起こす原因のひとつといわれていますが、マスク内は自分の呼気により湿度が高くなるため、乾燥を軽減できます。

肌の保湿だけでなく、寝ている間に口呼吸してしまう人にもマスクはおすすめです。寝る時にマスクをすると口や喉の乾燥を軽減してくれます。