美容

睡眠不足の日は眠気が気になり仕事に集中するのが難しいものです

睡眠不足の日は眠気が気になり仕事に集中するのが難しいものです

米国での調査では、日本で睡眠不足がもたらす経済的損失を計算すると約15兆円にのぼる事が明らかになりました。GDPの約3%にあたる額になりますので、日本経済にとって見過ごせない数字となっています。厚生労働省の調査では、日本人の約40%は6時間未満の睡眠を続けているというデータがあります。年齢別では40代から50代にかけての働き盛りの年代が最も睡眠時間が短いと言われており、特に働く女性が最も短いとされています。

睡眠不足の日は眠気が気になり仕事に集中するのが難しいものです。「今辛い」方のための、眠気を解消する4つの方法を見ていきましょう。

慢性的な睡眠不足は、身体にストレスを与え、日中に眠気を感じたり、仕事に対する意欲の低下、記憶力の減退などが起きたりし、精神的にも大きなダメージを与えます。その理由は主に体内ホルモンの分泌の乱れによる自律神経機能の異常です。

睡眠不足以外にも生活習慣病を引き起こす原因は多々ありますが、そのひとつが睡眠不足であることは間違いないのです。

睡眠不足は頭痛や吐き気、記憶力や思考力の低下などを引き起こし、業務のパフォーマンスが低下しやすくなってしまいます。慢性的な睡眠不足に陥ると、うつ病のリスクも高くなる傾向があります。睡眠不足が招く主な症状を見ていきましょう。

睡眠不足により吐き気が生じる場合は、睡眠の時間と質に原因があります。自分の生活スタイルを見直して、脳と身体をしっかり休めるようにしましょう。吐き気が出た時は、休みを必要としているサインなので、無理せずゆっくり寝るようにしてください。

睡眠不足によって肥満が増長されることがわかっていますが、生活リズムが狂い、食生活のバランスの悪化や仕事のストレス、過剰な飲酒、喫煙などによって、糖尿病、脂質異常症、高血圧などのいわゆる生活習慣病につながることも明らかになっています。

認知機能の低下を始め、体に様々な不調を引き起こす睡眠不足。日本は主要28か国の中でも最も睡眠時間が少なく、睡眠の質も28か国中25位という調査結果があります。2017年には「睡眠負債」という睡眠不足が借金の如く体に蓄積していき、心身に不調が起こる現象が流行語・新語大賞のトップ10にも選ばれました。世界から見ても問題視されている日本人の睡眠不足ですが、経済的にはどのくらいの損失になるのかを見ていきましょう。

睡眠不足が続くと、脳の記憶を司る海馬という部分が縮小し、記憶力や認知能力が低下することがわかっています。

大切な自分の体と将来の為にもできれば1日7時間以上の睡眠を心がけましょう。しかし多忙な時期はどうしても睡眠時間を確保するのが難しくなってしまいます。次は睡眠不足で体が辛い時の対策や解消法をお伝えしていきます。

睡眠不足は仕事のパフォーマンスを下げ、従業員にも企業にも悪影響です。眠気の辛さは様々な対処法で乗り切り、なるべく1日に7時間以上、質の良い睡眠をとるよう心がけましょう。

腎臓は、「糸球体」と呼ばれるろ過装置の集合体に当たる臓器で、血液中の老廃物や不要物をろ過して尿とし、外部に排泄する役割を担っています。ところが、睡眠不足による免疫力の低下が起きると、腎臓のろ過機能が低下し、不要物の排泄ができなくなって、さらに免疫力が低下する悪循環を起こして各臓器に影響を及ぼします。

睡眠の質が悪い、睡眠時間そのものが短いなど睡眠不足で吐き気をともなう要素はありますが、実は自律神経が関わっている、とも言われています。

睡眠不足によって、さまざまな病気が引き起こされることを具体的に解説しました。

吐き気があるときには、胃に食べ物を入れなければ体調が戻ることがあります。食事を消化する作業は、内臓にとってハードなもの。睡眠不足の時に食事の消化で体力を使ってしまうと、さらに疲労が溜まってしまいます。