美容

睡眠不足による頭痛は主に緊張型頭痛と偏頭痛に分けられます

睡眠不足の日は眠気が気になり仕事に集中するのが難しいものです

寝不足が続くと頭がだんだん重くなっていきます。寝不足が深刻になってくると頭痛が生じるようになることもあります。睡眠は脳を休息させるためにとても重要です。睡眠不足になると脳がダメージを負い、アラートとして痛みや倦怠感を出すようになります。寝不足が続いて頭が痛い、その原因と対策を解説します。

これらの頭痛は、頭痛が起こる経緯や痛み方などは違います。睡眠不足で疲れがたまった状態から起こることは共通しています。頭痛であれ肩こり、腰痛、イライラなど、体にとってマイナスの症状はすべて「寝不足」が発端となっています。生活のリズムが乱れていないか、日々の生活を振り返ることからはじめてみましょう。

大切な自分の体と将来の為にもできれば1日7時間以上の睡眠を心がけましょう。しかし多忙な時期はどうしても睡眠時間を確保するのが難しくなってしまいます。次は睡眠不足で体が辛い時の対策や解消法をお伝えしていきます。

緊張型頭痛は頭がギリギリと締め付けられるような痛みが続く頭痛です。およそ30分から数日程度持続することがあります。緊張型頭痛は睡眠不足以外の原因でも現れることがあり、頭痛の中で最も多いと言われています。緊張型頭痛は疲労やストレス、精神的な緊張により生じると考えられています。睡眠不足が続くと、脳がストレスを感じるため緊張型頭痛が起きやすくなります。

そもそもですが、寝不足を防ぐことが睡眠不足による頭痛を防ぐ何よりの方法です。繁忙期や受験期などで忙しくなっても、睡眠時間だけは確保するようにすることが大切です。頭痛を防げるほか、集中力や注意力の低下を防ぎ作業効率を高めることができます。人によって必要な睡眠時間は異なりますが、自分にとって適切な睡眠時間を把握して、きちんと眠るようにしましょう。

睡眠不足による頭痛は主に緊張型頭痛と偏頭痛に分けられます。それぞれどのような頭痛か見ていきましょう。

睡眠不足の日は眠気が気になり仕事に集中するのが難しいものです。「今辛い」方のための、眠気を解消する4つの方法を見ていきましょう。

私たちは、仕事や家事などで忙しい時や、心配事などが原因で睡眠不足になることがあります。理想の睡眠時間は人によって変わりますが、健康や長寿に関しては、7時間の睡眠時間をとることが最も良いという調査結果が出ています。また、睡眠時間が7~8時間確保できている人であれば、心臓病の発生率が低いという調査結果もあります。そして睡眠時間が6時間を切ると、睡眠不足と感じる人が多くなるといわれています。眠りにつくと最初の2~3時間で成長ホルモンが分泌されます。そのホルモンが体全体に到達して機能するまでに6時間ほどかかるといわれています。睡眠の時間が短くなればなるほど、睡眠中に分泌されて体を回復させる成長ホルモンが十分に働かないことから、疲れがとれにくくなっていきます。疲れはストレスとなって、肩こりや体のだるさ、眠気など、色々な不調となって日中にも現れます。疲れが頭痛へとたまった疲れは、身体的なものもあれば、精神的なものもあります。このような疲れは、体に影響を与えます。体の疲れの代表的なものに、肩こりがあります。これは、デスクワーク中心の人に多くみられます。会社が始まる午前9時から午後5時ごろまで、ほぼ6~7時間をずっと座ったままパソコンの画面とにらめっこしながら仕事をしていると、手先以外はほとんど動かさないため、血液循環が悪くなってきます。酸素を体中に送り、乳酸などの疲れの物質をとる血液の働きが低下していくと、体の疲れが「凝り」となって、肩や首などに出てきます。肩こりが悪化すれば、後頭部にかけて凝りが広がり頭痛の症状も現れてきます。