生活

男女産み分け検査が受けられる、日本で唯一の検査サービス

男女の産み分け、お子さんをお持ちの方、あるいはこれから計画されている方、一度は考えたことがあるのではないでしょうか?

「初めての子供は男の子がいい」
「最初の子供は男の子だから、次は女の子が欲しい」

生まれてくる我が子ですのでどちらが生まれても嬉しいわけですが、もし産み分けができるのであれば、ぜひ挑戦してみたいと思いませんか?

実はかなり前から、いわゆる産み分け法は存在していました。
ご存知の方も多いかもしれません。

ただ、やはり確率的なものを言うと、そう確率の高いものではありませんでした。
確率で言うと半々というところ・・・。

しかし今回ご紹介するマイクロソートという方法では、なんと93%という驚きの高確率で産み分けが可能なんです。
では、その詳細を簡単に解説してみたいと思います。

 

マイクロソート法とは?

マイクロソート法とは、アメリカの不妊治療研究機関「Genetics & IVF Institute」が開発した、非常に精度の高い男女産み分け法です。
簡単に言うと、検査によって精子の性別を判定することが可能で、希望する性別の精子のみを選別し、分類することができます。

マイクロソート法の詳細

X精子(女の子)には、Y精子(男の子)に比べ2.8%程DNAの総量が多いため、精子のDNAの量の差を検出することで、X精子かY精子かを識別します。
つまり、検査する精子に含まれるDNAの量により、その精子の性別を分類することができる検査手法です。

精液は、精液の液体の部分や運動量の低い精子などが取り除かれ、運動量の高い、より妊娠の可能性が高い精子のみに洗浄されます。
その後、精子内のDNAに一定時間の間だけ結び付く、特殊な蛍光物質を使用してDNAに染色をします。

染色された精子は分析装置(フローサイトメーター)に掛けられ、精子のDNA物質がレーザーに照らされる事で蛍光物質が発光し、DNA量の多いX精子(女の子)はY精子(男の子)よりも明るく光ります。
その発光度の度合いを、専用のソフトによって測定することで、希望する性別の精子のみを識別し、分類することが可能になります。

 

マイクロソートは効果があるの?

男女の産み分けについてあまり詳しくない方は「本当に産み分けなんて可能なの?」と思われると思います。
答えから言うと、かなりの高確率で産み分けは可能です。

最初にも書きましたが、マイクロソート法で可能な産み分けの確率は、実に93%にもなります。
これまでに実際に行った、1500件以上の妊婦さんの実績から算出した確率なので、信ぴょう性に疑いの余地はありません。

男女の産み分け法には、他にもパーコール法や着床前診断など様々な方法があります。
他の方法でも産み分けは可能なんですが、やはり確率という点で言うと、マイクロソート法は非常に確率の高い産み分け法なんです。

産み分け法の比較

産み分けゼリー パーコール表 着床前診断 マイクロソート
確率 50~60% 50~60% 98% 93%
費用 2~4万円 5~10万円 300~500万円 約50万円
妊娠確率 自然妊娠と同じ 自然妊娠と同じ 最大70% 最大65%
手軽さ ×

※自然妊娠の確率は、19~26歳の女性が50%以上、27~34歳で約40%、35~39歳で30%程度と言われています

 

マイクロソートの特徴

マイクロソートの最大の特徴は、何といっても産み分け精度の高さです。
これまでの方法では60%程度だった産み分けが、93%もの確率で産み分けが可能になります。

また、費用面でも同じく高確率の着床前診断の10分の1程度と、大幅に出費を抑えることが可能です。
さらに、医療機関で受診する必要がなく、検査から妊娠まで、全て自宅にて(精子の持ち込みは必要)にて行うことができます。

これまでは海外でしか行うことができませんでしたが、国内で唯一ChromoS(クロモス)という会社が対応できるようになり、産み分けを希望する方には利用しやすい環境となっています。

検査利用の際の流れ

1.申し込み
公式サイトの申込みフォームより申し込み
※支払いは申し込みから14日以内

2.検査キットの送付、事前検査
精液採取用容器等が送付されてきます。
また、感染症検査キットが別機関から送付されるので、そちらを検査して返送します
※匿名で送付され、郵送にて返送します

3.書類の提出と精液の持ち込み
マイクロソートの申込書、同意書等の必要書類一式を提出します。
提出後、専用容器に採精(精子の採取)し、東京か大阪へ直接持ち込みます

4.凍結処理と検査機関へ送付
精液に凍結処理を行い、検査機関に輸送します。
その後希望の性別の精子を分類した後、再度凍結保存して検査会社に送り届けられます。

5.解凍とセルフシリンジ法の実施
自宅に届いた精液を、手順書に従って解凍し、事前に送付済みのセルフシリンジキットにて、ご自身で膣に精液を注入し妊娠に臨みます。

 

マイクロソートの口コミ

やはりデリケートな部分ということもあり、口コミを見つけることができませんでした。
産み分けという事自体に賛否両論あり、「私やりました」というのは中々難しいのかもしれませんね。

ただ、「次は男の子がいい」「可能なら女の子が欲しい」という方は結構見受けられました。

 

マイクロソートの費用

これまで、最も高確率の男女産み分けといえば、着床前診断が有効で有名でした。
確率としては、マイクロソート法を上回る98%という高確率で産み分けが可能です。

ただ、その費用はかなりの高額で、病院にもよりますが300~500万円もかかってしまいます。
体外受精を用いるため、妊娠確率は最大で70%と金額に見合う効果はあるのですが。

しかし、そこまでの費用を捻出できる方はそう多くはないと思います。
その点マイクロソート法なら、費用は50万円弱と大幅に抑えることが可能です。

検査自体も病院に行く必要がなく、妊娠確率も最大で65%程度と遜色ありません。

50万円は決して安い金額とは言えませんが、高確率で産み分け、そして妊娠まで可能でありながらのこの金額は、着床前診断の高額な費用で諦めていた方にとっては朗報ではないでしょうか?

マイクロソートの運営会社

運営会社 株式会社ChromoS(クロモス)
住所 〒104-0031 東京都中央区京橋2-12-2 NEWS X 2F
公式サイト https://chromos-corp.com/
電話番号 03-5579-5021
営業日 月・火・金 9時~17時 / 土日 9時~18時
休業日 水曜日及び木曜日、祝日、年末年始